Wakana Diary_20200520

2020年5月20日 水曜日

一時帰国し日本で生活し始めてから、コーヒーメーカーで豆からコーヒーを入れることがマイブームです。

味の違いはよくわかりませんが、豆を挽く時にいい匂いがするし贅沢な気分になります。

母もよくコーヒーを飲みますがコーヒーを入れるのが手間だったらしく、私がコーヒーメーカーにはまってから喜んでコーヒーを頼んできます。

あまりに無知な私は昔から台所からガーーーーーという音が聞こえてくるのをうるさいなと思っているだけでコーヒーの豆を砕いているなんて知らずに生きてきました。

でもガーーという音はやっぱりうるさいし、見た目が可愛いのでコーヒーミルを使ってみたいです。

 

最近はミャンマー土産のコーヒーとカルディのコーヒーを交互に飲んでいます。

ミャンマーといえばお茶のイメージですが、コーヒーもたくさん作っています。

でもミャンマー人でブラックコーヒーを飲む人はあまりいません。ミャンマー人の客層が多いカフェではブラックコーヒーを頼んでも甘いコーヒーがでてきます。見た目だけブラックなのでノーシュガーと言わないといけません。

ただ以前頭が痛かった時に、ミャンマー人の同僚が頭痛に効くと言ってブラックコーヒーにライムを絞ったものを作ってくれました。本当に効いているのかわかりませんでしたが、ミャンマー流の治し方なんでしょうか。

味は私はライムを絞らない方がおいしいと思います。

テインギーニュース

2020年5月13日 水曜日

ရန်ကုန်မြို့ပတ်ရထားခရီးစဉ်တွင်ပြေးဆွဲရန် ဂျပန်အစိုးရ၏ အထောက်အပံ့ဖြင့်ဝယ်ယူထားသော ရထားတွဲ ၂၁ တွဲ မေလ ၁၁ ရက်တွင် ရန်ကုန်မြို့သို့ရောက်ရှိပြီဖြစ်ကြောင်း မြန်မာနိုင်ငံဆိုင်ရာဂျပန်သံရုံးက သတင်းထုတ်ပြန်သည်။

 

အဆိုပါရထားတွဲများသည် မကြာသေးမီကာလအထိ ဂျပန်နိုင်ငံတွင် ပြေးဆွဲအသုံးပြုခဲ့​ပြီး မြန်မာ့မီးရထားက ပြန်လည်မွမ်းမံပြီးပါက ရန်ကုန်မြို့ပတ်ရထားလမ်းပိုင်းတွင် ပြေးဆွဲအသုံးပြုမည်ဖြစ်ကြောင်း ထုတ်ပြန်ချက်တွင် ဖော်ပြထားသည်။

 

ရန်ကုန်မြို့ပတ်ရထားလမ်းအတွက် ဂျပန်နိုင်ငံထံမှ ရထားတွဲအသစ် ၆၆ တွဲဝယ်ယူရန်ဆောင်ရွက်နေပြီး ဂျပန်အစိုးရ၏ အထောက်အပံ့အနေနှင့် ရထားတွဲ ၃၂ တွဲ ယခုနှစ်အတွင်းလွှဲပြောင်းရန်စီစဉ်ထားကာ ယခုနှစ် ဖေဖော်ဝါရီလတွင် ရထားတွဲ ငါးတွဲနှင့် ယခု ရထားတွဲ ၂၁ တွဲ၊ စုစုပေါင်း ၂၆ တွဲ ရောက်ရှိပြီဖြစ်သည်။

 

ဖေဖော်ဝါရီလက ရောက်ရှိခဲ့သည့် ရထားတွဲ ငါးတွဲကို မြန်မာ့မီးရထားက ပြုပြင်မွမ်းမံခြင်း၊ ဆေးသုတ်ခြင်းနှင့် စမ်းသပ်မောင်းနှင်ခြင်းတို့ပြီးစီးပါက မကြာမီ ပြေးဆွဲအသုံးပြုနိုင်မည်ဖြစ်ကြောင်း သံရုံး၏ ထုတ်ပြန်ချက်တွင် ဖော်ပြထားသည်။

 

ဂျပန်အစိုးရသည် ရထားတွဲများ လွှဲပြောင်းပေးအပ်ခြင်းအပြင် ရန်ကုန်မြို့ပတ်ရထားလမ်း ပြုပြင်မွမ်းမံခြင်းနှင့် အဆင့်မြှင့်တင်ခြင်းလုပ်ငန်းများကို မြန်မာ့မီးရထားနှင့် ပူးပေါင်းဆောင်ရွက်လျက်ရှိသည်။

 

ရထားလမ်းကြောင်းပြုပြင်မွမ်းမံခြင်းကို ဂျပန် အကြံပေးကုမ္ပဏီတစ်ခုနှင့် မြန်မာ့မီးရထားတို့ ပူးပေါင်းဆောင်ရွက်နေပြီး လုပ်ငန်းအပြီးသတ်ခါနီးပြီဖြစ်ကြောင်း ထုတ်ပြန်ချက်တွင် ရေးသားထားသည်။

 

ヤンゴンの環状線のために日本政府の支援を得て購入した列車21台は5月11日にヤンゴンに着いたとミャンマーの日本大使館が発表しました。

その列車は最近まで日本で使用していたものをミャンマー鉄道が修繕後ヤンゴンの繁華街で使用すると発表しました。

ヤンゴンの環状線に向けて日本から新しい列車66台を購入する予定です。日本政府の支援を得て今年中にミャンマーの列車32台を入れ替える予定であり、2月に5台と5月に21台、全部で26台の列車がミャンマーに着きました。

2月に着いた5台をミャンマー鉄道が修繕し、塗装とテストが完了したらもうすぐ使用できるとミャンマーの日本大使館から発表しました。

 

日本政府は列車の入れ替えに加えてヤンゴンの環状線の修繕とアップグレードをミャンマー鉄道と協力しています。

鉄道の線路の改善を日本の鉄道会社は日本の顧問会社と協力しておりもうすぐ終了するとミャンマーの日本大使館から発表しました。

Wakana Diary_20200511

2020年5月11日 月曜日

ずっと家にいるせいで、屋根裏部屋にある荷物の整理をしろと言われました。

 

弟は自分が集めたドラゴンボール完全版全巻や、箱入りのフィギュア等あっさり捨てるか売るかしていいと言い出すので、

私がもったいなくて止めに入りましたが、両親は物を減らしたいのでやっぱり売られることになりました。

 

私は自分が集めた絵本、漫画、CD、フィギュア、人形全然手放すことができず、ただきれいに箱に詰め直す作業となりました。

特に子供の頃はまって収集していたオルゴールは愛着が湧いてしまいます。

今思うとオルゴール収集するなんて高尚な趣味の子供と思いましたが、

保存状態が全然だめで埃まみれだし音がならなかったりするしやっぱりだめな子供だったみたいです。

 

この家にはちゃんとした私の部屋がないので、保存場所は屋根裏部屋になってしまいます。

いつか大きい家に住んで趣味の部屋でも作ってそこに全部飾りたいと思います。

Wakana Diary_20200505

2020年5月5日 火曜日

5月に入りました。

日本は肌寒いと思ったら急に暑くなったりします。

ほとんどを暑いミャンマーで暮らしているので、もう少し肌寒い日本を感じていたい気持ちがありますがついに半袖を着る日も出てきました。

 

そしてミャンマーはもうすぐマンゴーのおいしい季節になります。

一年で1番過酷な気候のこの時期の癒しなのですが、今年はそのマンゴーを楽しむことができるのかまだわかりません。

今はマンゴーがたくさん並んでいる市場を思い出したりしています。

 

セインタロンという品種が1番有名で1番おいしいです。

やさしい甘みが特徴(のような気がする)で他の国では見たことがないです。

 

日本のマンゴーは高いのでミャンマーに戻るまで我慢です。

 

こっちに来てからよく食べていた旬のものは、イチゴとタケノコでしたが最近頻度が減ってきました。

最近はしまらっきょうをよく食べます。

Wakana Diary_20200428

2020年4月28日 火曜日

帰国して14日間の隔離期間も終わりましたが、あまり生活は変化していません。

 

いい気候な時期の日本にいるので外を走ろうと思い、晴れていたら毎日ジョギングに挑戦中です。

ヤンゴンではジョギングはできて週一でしたが今は時間もあるので結構続いています。

 

私の家の近くには大きな公園があり、そこまで30分〜1時間くらい走ります。

けっこう有名な公園でクロスカントリー大会の会場になっていたりします。

 

とにかく広くて自然がたくさんあるので季節の木や花を眺めながらのジョギングはなかなか気持ちがいいです。

さらに奥には湖もありますが、そこの白鳥に昔襲われたのでそこはあまり行かないです。

 

芝生や土の上を走る方が、コンクリートよりも足に負荷があって負担が少ないので魅力的です。

 

公園の広場では遊ぶ子供たちや、ジョギング、ウォーキング、サイクリングをする人をけっこう見かけます。

 

私はおばあちゃんの散歩のようなペースで走っていますが10キロ走れるようになることが目標です。

 

 

Wakana Diary_20200416

2020年4月16日 木曜日

4月上旬から日本に一時帰国しています。

 

空港には同じく帰国する日本人がたくさんいて検疫は1時間半並ぶ行列でした。

私が来るときには既に海外からの帰国者は公共交通機関の利用が制限されていたので両親が車で迎えに来てくれました。

 

海外からの帰国者は14日間自宅隔離なので家に引きこもって過ごしています。

個人的には一日中家にいることは苦にならずのんびりしています。

思えば家族とこんなに長いこと一緒にいるのはミャンマーに来て以来なので楽しんでいますが、そろそろ家族はうっとおしそうです。

 

私が家で役に立つことはほとんどないですが、ちょうど夏野菜の苗植える時期なので、両親と家庭菜園作りをしました。

 

家で毎年やっている、ゴーヤ、ナス、ピーマン、トマト、レタス、パセリ、バジル、唐辛子、ズッキーニの苗を植えました。

ネギ、大葉、春菊は毎年勝手に生えてきます。

雑草と間違えて抜いて捨ててしまいそうな微妙な場所から生えてきたりします。

 

私は大学で農作業もしていたので懐かしい作業でした。

肥料を混ぜて土づくりをして、苗を植えます。

大学には広大な農地があったので畝を作って植えていましたが、家では花壇や鉢植えに植えていきます。

 

この夏野菜たちが収穫できる頃には私はさすがにミャンマーに戻っているのではないかと思うので食べれないのは残念ですが、これから水をやるのは私の仕事です。

テインギーニュース

2020年4月2日 木曜日

ရင်းနှီးမြှုပ်နှံမှုနှင့် ကုမ္ပဏီများညွှန်ကြား မှု ဦးစီးဌာန (DICA) အနေဖြင့် ဗီဇာသက်တမ်းမကုန်ဆုံးမီ အနည်းဆုံး ငါးရက်အထိ  ကျန်ရှိသည့် နိုင်ငံခြားသားကုမ္ပဏီဝန်ထမ်း များ ဗီဇာသက်တမ်းတိုး လက်ခံဆောင်ရွက် ပေးသွားမည်ဖြစ်ကြောင်း ရင်းနှီးမြှုပ်နှံမှုနှင့် ကုမ္ပဏီများညွှန်ကြားမှုဦးစီးဌာနက ထုတ်ပြန်ထားသည်။

COVID-19 ရောဂါဖြစ်ပွားနေမှု ကာလအတွင်း ဗီဇာသက်တမ်းတိုး ထောက်ခံချက်တင်ပြရန် သတ်မှတ်ချက်များကို DICA က ထုတ်ပြန်ထားရာ လျှောက်လွှာပုံစံများကို DICA Website မှတစ်ဆင့်ရယူ၍ အချက်အလက်များ ပြည့်စုံမှန်ကန်စွာ ဖြည့်စွက်ပြီး ကုမ္ပဏီOfficer ( Managing Director, Director, Authorized Officer)တစ်ဦးက လက်မှတ်ရေးထိုး၍ တင်ပြရမည်ဖြစ်ကြောင်း၊ ဆက်သွယ်ရမည့် ဖုန်းနံပါတ်နှင့် email တို့ကို ရှင်းလင်းစွာရေးသားရန်လို အပ်ကြောင်း၊ ကုမ္ပဏီ Officer ၊ Members နှင့် ၎င်းတို့မိသားစုဝင်များ၏ ဗီဇာသက်တမ်း တိုး ထောက်ခံချက်ရရှိရေးအတွက် ကုမ္ပဏီမှတ်ပုံတင်လက်မှတ်ဖြင့် တင်ပြနိုင်ကြောင်း သိရသည်။

ပထမအကြိမ် ခန့်ထားသည့် နိုင်ငံခြား သားဝန်ထမ်းများအနေဖြင့် ကျွမ်းကျင်ပညာရှင် အထောက်အထား တင်ပြနိုင်ခြင်းမရှိပါက ကုမ္ပဏီ Officer ၏ ထောက်ခံချက်ဖြင့် တင်ပြနိုင်ကြောင်း၊ ကုမ္ပဏီဝန်ထမ်းများအ တွက် ဗီဇာသက်တမ်းတိုး တင်ပြပါက ကုမ္ပ ဏီ၏ လက်ရှိဆောင်ရွက်နေသည့်လုပ်ငန်း အထောက်အထား (Contracts, Agreement, Invoice ၊ လုပ်ငန်း၊ လိုင်စင်၊ ခွင့်ပြုမိန့်) တင်ပြရမည်ဖြစ်ကြောင်း၊ လက်ခံဆောင်ရွက် ပေးပြီးသော တင်ပြစာများအတွက် လိုအပ်မည့် စာအမှတ်ကို ရုံးသို့လာရောက်ခြင်းမလို အပ်စေရေးအတွက် ကုမ္ပဏီအမည်များအ လိုက် https// www. Dica.gov.mm/mm/taxonomy/term/3830 တွင် နေ့စဉ်ကြေညာပေးသွားမည်ဖြစ်ကြောင်းနှင့် အဆိုပါ သတ်မှတ်ချက်များသည် COVID-19 ရော ဂါဖြစ်ပွားနေမှု၏ နိုင်ငံတော်က ကြေညာချက်အပေါ် သက်ရောက်မှုရှိသည့်ကာလ အထိသာ အကျုံးဝင်ကြောင်း ရင်းနှီးမြှုပ်နှံမှု နှင့် ကုမ္ပဏီများ ညွှန်ကြားမှုဦးစီးဌာနက ထုတ်ပြန်ထားသည်။

 ရင်းနှီးမြှုပ်နှံမှုနှင့် ကုမ္ပဏီများညွှန်ကြားမှုဦးစီးဌာနသည် နိုင်ငံခြားကုမ္ပဏီများမှ နိုင်ငံခြားသား ဒါရိုက်တာများနှင့်  ၎င်းတို့၏ မိသားစုဝင်များ၊ နိုင်ငံခြားကုမ္ပဏီများနှင့် မြန်မာကုမ္ပဏီများမှ ခန့်ထားသောနိုင်ငံခြားသား ပညာရှင်များနှင့် ၎င်းတို့၏မိသားစုဝင်များအတွက် ပြည်ဝင်ခွင့်ဗီဇာသက်တမ်းတိုးခြင်း ကိစ္စများအတွက် ထောက်ခံဆောင်ရွက်ပေး လျက်ရှိသည်။

投資会社管理局(DICA)はビザが切れる少なくとも5日前であればミャンマーに残る外国企業の従業員のビザの延長を許可すると発表しました。

COVID-19経過中のビザ更新の申請のための条件をDICAより発行しました。

申請書をDICAウェブサイトから入手し、必要情報の記載、Company Officer  ( Managing Director, Director, Authorized Officer)のサイン、電話番号とメールアドレスが必要です。Company Officer , Members と彼らの家族のビザの延長を取得するには会社登録証と一緒に提出する必要があります。

 

外国人従業員が専門家の文書を提示できない場合company officer推薦で提出できます。会社の従業員にビザが発行される場合、会社の現在の事業の証明(Contracts, Agreement, Invoice , 事業, ライセンス, 許可) を提出する必要があります。

提出物について必要な身分証明書をオフィスに持って行くことを避けるためDICAのウェブサイト(https// www. Dica.gov.mm/mm/taxonomy/term/3830)から手続きを行なうことが出来ます。ウェブサイトより毎日情報を発表します。

これらの処置はCOVID-19の終息をミャンマー政府が発表するまでの間のみ可能であると投資会社管理局が発表しました。

投資会社管理局は外国企業の外国人取締役と彼らの家族、外国企業とミャンマー企業が任命した外国人専門家と彼らの家族のためにビザ更新のサポート行なっています。

Wakana Diary_20200316

2020年3月31日 火曜日

2月のことですが、友達の画家おじさんと土日にタンリンに行きました。

タンリンはヤンゴンからバスで1時間ちょっとのところにある郊外で、年末の展示会で知り合ったタンリン在住の画家伯父さんが、私が行ったことがないので遊びに連れて行ってくれるということになっていました。

いつも仲良くしてもらっているハットがトレードマークのおじさんと一緒にタンリン在住のおじさんに会いに行くという予定だったのですが、

当日おじさん(ハット)に電話すると、行くのは明日になったと言われ、明日だと行けないと伝えると待ち合わせ場所に来てくれました。

タンリン在住のおじさんが仕事になってしまい日程が変わったようです。

当日に伝えるのはどうなんだと思いましたが、仕方ないのでおじさんと二人で行くことになりました。在住者がいないのでもうただの観光です。

 

スーレーパゴダから出ているバスに乗ってタンリンに行きました。

この日はパゴダのお祭りがある日だったようで、パゴダ付近の道路には露店がたくさんでており、パゴダの中は人でいっぱいでした。

参拝中の人より、広場や影になっている場所で、寝たりご飯を食べたりしてくつろいでいる人が多かったです。

パゴダで寝ている人は普段よく見かけますし、涼しくて静かで気持ちよさそうだなと思っていましたが、ここまでひしめき合っているとあまりリラックスできなさそうだなと思ってしまいます。

でもみんな楽しそうに家族団らんしていました。

 

私は暑さ、人混み、騒音ですぐ疲れきってしまいおじさんにもう祭りは大丈夫と伝え、早々にビール屋に入って昼飲みをしてしまいました。

 

パゴダの中、道路の露店には女性、家族連れがたくさんいましたが、ビール屋に入った途端100%おっさんの世界になり私はすごく浮いていましたが気にせずビールをいただきました。

ハットのおじさんは普段お酒を飲まないですが私が一人で飲むことに何か感じたのか、ビールに付き合ってくれました。

そして飲んでる写真を一緒に撮りました。

女子かよ、と思いましたがミャンマーでは結構普通です。

 

本当はのどかな郊外の町、村を見たり、村人と交流したりすることを期待していたのですが、今日はどこに行ってもうるさいと言われたので、そのままヤンゴンに帰りました。

ちょっと予想外なことが多かったですが、パゴダに密集するミャンマー人を観察できたのは面白かったです。

テインギーニュース

2020年3月19日 木曜日

စားသုံးသူပြည်သူများ သိသင့်သည့် အချက်လက်တို့ကို မြန်မာစာဖြင့် ဖော်ပြရန် လုံလောက်သော ပြင်ဆင်ချိန် ပေးပြီးဖြစ်၍ မတ် ၁၆ ရက်နောက်ပိုင်း ‌စျေးကွက်တွင် စစ်ဆေးကာ မြန်မာစာ မပါရှိသည့် ကုန်စည်များကို ဥပဒေအရ အရေးယူမည်ဖြစ်ကြောင်း ညွှန်ကြားရေးမှူး ဦးရဲထွဋ်နိုင်က မတ်၂ ရက် မွန်ပြည်နယ် စားသုံးသူရေးရာ ဦးစီးဌာနရုံးတွင် ကျင်းပသည့် မွန်ပြည်နယ် စီးပွားရေး လုပ်ငန်းရှင်များအား တွေ့ဆုံစဉ် စားသုံးသူဥပဒေအရ ကုန်စည်အမျိုးအစားလိုက် ကုန်အညွှန်း အမှတ်သားများ ရှင်းလင်းဆွေးနွေးရာတွင် ထည့်သွင်းပြောကြားသည်။

ထုတ်လုပ်သည့် လုပ်ငန်းရှင်များက မြန်မာလိုဖော်ပြရမည့် အချက်အလက်တို့ကို မိမိတို့ ကုန်ပစ္စည်းတွေမှာ ဖော်ပြရန်၊ ရောင်းချသည့် ဆိုင်များကလည်း မြန်မာလိုမပါသည့် ကုန်ပစ္စည်းများသည် စိတ်မချရသည့်တွက် တင်မရောင်းရန်၊ စားသုံးသူ ပြည်သူများကလည်း စျေးကွက်မှဝယ်သည့်အခါ သေချာစွာ စိစစ်ဝယ်ယူရန်၊ မြန်မာလိုမပါက စိတ်မချရသည့်အတွက် မဝယ်ယူရန် ဖြည့်စွက်ပြီး ပြောလိုကြောင်း ညွှန်ကြားရေးမှူး ဦးရဲထွဋ်နိုင်က ပြောကြားသည်။

ပြည်ပမှတင်သွင်းသည့် ကုန်စည်များကို တင်သွင်းသူက မြန်မာစာဖြင့် ဖော်ပြရန် တာဝန်ယူပြီး Online Shopping ရောင်းသူများသည် ကုန်ပစ္စည်း ထုတ်လုပ်သူများဖြစ်ရာ မြန်မာလိုပါရှိရန် လိုအပ်ကြောင်း၊ လုပ်ငန်းရှင်များ အနေဖြင့် အခက်အခဲရှိပါက အချိန်မရွေး ဌာနသို့ တင်ပြရန်၊ ဥပဒေမှာ အများဆုံး ပြစ်ဒဏ် ကျပ်သိန်း ၂၀၀၊ ထောင်ဒဏ်နှစ်နှစ်၊ ယင်းထက် မပိုသည့် ပြစ်ဒဏ်ဖြစ်ကြောင်း ညွှန်ကြားရေးမှူး ရဲထွဋ်နိုင်က ဆိုသည်။

 

3月2日に消費生活局本社監督のU Ye Htut Naingが消費者保護法について以下のことを発表しました。

 

ミャンマーで販売する全ての商品に、消費者が知っておくべき情報をミャンマー語で表記することが法律で定められ、準備期間が設けられました。

3月16日以降に市場で検査を行い、ミャンマー語表記のない商品は法律で罰せられます。

 

製造者は商品にミャンマー語表記を入れること、販売店はミャンマー語表記のない商品を販売しないこと、

消費者も購入時にミャンマー語表記があるかを確認することが必要です。

 

海外から輸入商品を取り扱う場合もミャンマー語で表記することが必要であり、

オンラインショップ等も製造メーカーと同じくミャンマー語表記が必要です。

製造側に問題があった場合は消費生活局に報告をしてください。

罰則は2千万チャットの罰金か、懲役2年の禁固刑、もしくはその両方です。

 

Wakana Diary_20200303

2020年3月3日 火曜日

先日、ヤンゴンの人民公園で行われるシャン州祭りに行ってきました。

シャン出身ではりこの日本語通訳のマイさんと、マイさんと同じ寮に住んでいる日本語勉強中のお友達のユーさんと3人で行きました。

 

私は18時半頃着きましたが、お祭りは既に盛り上がっていました。

ステージでは常にシャンの踊りが披露されていました。

 

祭りではステージ、屋台、お土産屋があり、シャン州の地域頃に分かれて、名産品などを売っている感じでした。

シャン、パオ、ダヌなど見覚えのある民族衣装の人たちがたくさん歩いていました。

 

私たちは夕飯にチャイントン料理を食べることにしました。

見たことがないものばかりなので、マイさんにおすすめを見繕ってもらいました。

ンガートウカッという一見焼き魚だけど、魚の中に魚の身とニンニク唐辛子などをぐちゃぐちゃにしたものが入っている料理、

タークーロウンという白玉のような見た目で中にお肉っぽい具が入っている団子(タピオカらしい)、

ピーナッツ豆腐、もち米を食べました。

どれもすごくおいしかったので、前から行きたかったチャイントンにもっと行きたくなりました。

 

私とマイさんはビールが好きでたまにレーダンの屋台でぼんじりを食べながら缶ビールを飲む仲なので、ここでもビールが欲しいねと話していましたが、やっぱりミャンマーの祭り内ではお酒は売っていませんでした。

チャイントン料理はとてもビールに合いそうな料理なので少し残念でした。

 

民族衣装で歩いてる人たちは全員シャン州出身の少数民族なのか気になっていたのでマイさんに聞いたら、

関係ないけどシャン州祭りだからシャン州の民族の衣装を来て遊びに来てる人もいると思う、とのことでした。

そうだとしたら、日本人がお祭りの時にだけ浴衣を着たりするのと同じような感覚なのかな?と思いました。

 




Copyright(C) MVC会計事務所. All Rights Reserved.