Wakana Diary_20200716

2020年7月16日 木曜日

日本にいる間にやっておかないといけないことを少しずつクリアしています。主に免許更新と歯医者です。

 

免許更新の期間は4月のはずが自宅隔離してる間に免許センターが閉まってしまい3カ月の延長手続きをしました。

ミャンマー戻るまでに更新手続きさせてくれるのかなと心配していましたが余裕で間に合にあってしまいました。

 

歯医者は行こうという気持ちになるまで時間がかかりました。今特に痛い所もないからです。

でも私は虫歯ができやすいので実はあるかもしれないと思って行ってみたら、合計6箇所虫歯が発見されて一カ月以上も通うことになりました。

普段の一時帰国では治療を終わらせることは難しかったと思うのでこれは本当に行ってよかったです。

でも元々痛みがなかったのであまり虫歯が治ったことを実感できていません。

 

更に、何故か耳から汁が出るようになってしまい10年ぶりくらいに耳鼻科に行きました。

1カ月以上耳から汁が出てカサブタになるのを繰り返していましたが耳鼻科に行って薬をもらったらすぐに治ったので医者すごいなと思いました。

Wakana Diary_20200630

2020年6月30日 火曜日

久しぶりに小学生の時の通学路を歩いてみました。

寄り道していた公園や一緒に帰っていた友達の家を確認しながら歩いてるとしまむらの裏に植ってる、子供の頃スプーンの木と呼んでいた木を見つけて懐かしくなりました。

 

スプーンの木は緑色の小さい実がなっていて、実を割ると中から小指の爪くらいの大きさの白いスプーンが出てきます。

それをシルバニアファミリーの家具としてよく使っていましたがとても脆いので大抵一回の遊びで壊れます。

私は学校から家が遠く、最後は一人で帰ることになるのでよくそこで一人でスプーンを収穫して帰っていました。

 

実がなる季節はよく覚えていなくて、たしか春頃だった気がするのですが、今回は実はなっていませんでした。

 

あの木がなんなのか気になって家に帰って調べたらトウネズミモチという木でした。

お世話になっていた頃から約20年越しに名前を知りました。

スプーン、実で調べると私と同じようなブログがたくさん出てきました。

Wakana Diary_20200612

2020年6月12日 金曜日

徐々に日本のいろいろな施設が再開し始め、ついに私は映画を観に映画館へ行ってきました。

日本で映画を観るのは久しぶりです。大好きなアニメの劇場版を観に行きました。

もう終わりかけなので特典がもらえなかったのはちょっと悲しいですが、ミャンマーにいた1月頃からずっとSNSの映画情報を見て、観たいなあと思っていたので念願叶って嬉しいです。

ミャンマーの映画館は今年に入ってから一度行きました。画家のお友達のおじさんとおばさんとその娘と日本映画祭で日本の映画を観ました。日本の現代の暮らしぶりがよくでてくる内容だったのでミャンマー人の目にはどんな風に映っているのかなと気になった記憶があります。

 

久しぶりの映画館はコロナ対策で2席間隔を空けて座るようになっていたので、全員一人で見に来ているように見えてちょっと面白かったです。

消毒液もいたるところにあり、販売している食べ物も限られていました。食べ物の購入は我慢しました。

上映前のわくわくする感じや、映画のCMを観るのが大好きなので久しぶりに味わえてよかったです。映画館で見るCMは全部面白そうに見えます。

逆に、人と映画を観た時の上映後は少し苦手です。第一声何と言ったらいいのかわからなくなります。なんとなく映画の感想は言いにくくて、早くトイレ行きたいとか言ってしまいます。

Wakana Diary_20200605

2020年6月5日 金曜日

最近ミャンマーのお店もだんだん営業を再開し始めてきているようです。

 

私が今一番ミャンマーの食べ物で恋しく感じているものはホットポットです。

ホットポットは火鍋なので、別にミャンマー料理ではありません。たぶん台湾とかそのへんです。

ミャンマー人はホットポットが大好きで、ホットポット屋さんもたくさんあるので、私の中ではミャンマー料理のような扱いになっています。

 

私はお腹がかなり強いと思っていますが、ホットポットを食べると次の日お腹が痛くなることが結構あります。

原因はなんなのかよくわかりません、辛さの可能性が高いかなと思っています。

もう何度も次の日の微妙な腹痛に耐えてきました。それでもホットポットを食べるのをやめられません。

食べ続けていたら心なしかだんだん腹痛の頻度が減ったような気もします。

日本の生活で私のお腹が平和ボケしてまたホットポットに敏感になってしまわないか心配です。

ヤンゴンの家の近所に一番好きなホットポット屋さんがあるので早く食べに行きたいです。

Wakana Diary_20200520

2020年5月20日 水曜日

一時帰国し日本で生活し始めてから、コーヒーメーカーで豆からコーヒーを入れることがマイブームです。

味の違いはよくわかりませんが、豆を挽く時にいい匂いがするし贅沢な気分になります。

母もよくコーヒーを飲みますがコーヒーを入れるのが手間だったらしく、私がコーヒーメーカーにはまってから喜んでコーヒーを頼んできます。

あまりに無知な私は昔から台所からガーーーーーという音が聞こえてくるのをうるさいなと思っているだけでコーヒーの豆を砕いているなんて知らずに生きてきました。

でもガーーという音はやっぱりうるさいし、見た目が可愛いのでコーヒーミルを使ってみたいです。

 

最近はミャンマー土産のコーヒーとカルディのコーヒーを交互に飲んでいます。

ミャンマーといえばお茶のイメージですが、コーヒーもたくさん作っています。

でもミャンマー人でブラックコーヒーを飲む人はあまりいません。ミャンマー人の客層が多いカフェではブラックコーヒーを頼んでも甘いコーヒーがでてきます。見た目だけブラックなのでノーシュガーと言わないといけません。

ただ以前頭が痛かった時に、ミャンマー人の同僚が頭痛に効くと言ってブラックコーヒーにライムを絞ったものを作ってくれました。本当に効いているのかわかりませんでしたが、ミャンマー流の治し方なんでしょうか。

味は私はライムを絞らない方がおいしいと思います。

テインギーニュース

2020年5月13日 水曜日

ရန်ကုန်မြို့ပတ်ရထားခရီးစဉ်တွင်ပြေးဆွဲရန် ဂျပန်အစိုးရ၏ အထောက်အပံ့ဖြင့်ဝယ်ယူထားသော ရထားတွဲ ၂၁ တွဲ မေလ ၁၁ ရက်တွင် ရန်ကုန်မြို့သို့ရောက်ရှိပြီဖြစ်ကြောင်း မြန်မာနိုင်ငံဆိုင်ရာဂျပန်သံရုံးက သတင်းထုတ်ပြန်သည်။

 

အဆိုပါရထားတွဲများသည် မကြာသေးမီကာလအထိ ဂျပန်နိုင်ငံတွင် ပြေးဆွဲအသုံးပြုခဲ့​ပြီး မြန်မာ့မီးရထားက ပြန်လည်မွမ်းမံပြီးပါက ရန်ကုန်မြို့ပတ်ရထားလမ်းပိုင်းတွင် ပြေးဆွဲအသုံးပြုမည်ဖြစ်ကြောင်း ထုတ်ပြန်ချက်တွင် ဖော်ပြထားသည်။

 

ရန်ကုန်မြို့ပတ်ရထားလမ်းအတွက် ဂျပန်နိုင်ငံထံမှ ရထားတွဲအသစ် ၆၆ တွဲဝယ်ယူရန်ဆောင်ရွက်နေပြီး ဂျပန်အစိုးရ၏ အထောက်အပံ့အနေနှင့် ရထားတွဲ ၃၂ တွဲ ယခုနှစ်အတွင်းလွှဲပြောင်းရန်စီစဉ်ထားကာ ယခုနှစ် ဖေဖော်ဝါရီလတွင် ရထားတွဲ ငါးတွဲနှင့် ယခု ရထားတွဲ ၂၁ တွဲ၊ စုစုပေါင်း ၂၆ တွဲ ရောက်ရှိပြီဖြစ်သည်။

 

ဖေဖော်ဝါရီလက ရောက်ရှိခဲ့သည့် ရထားတွဲ ငါးတွဲကို မြန်မာ့မီးရထားက ပြုပြင်မွမ်းမံခြင်း၊ ဆေးသုတ်ခြင်းနှင့် စမ်းသပ်မောင်းနှင်ခြင်းတို့ပြီးစီးပါက မကြာမီ ပြေးဆွဲအသုံးပြုနိုင်မည်ဖြစ်ကြောင်း သံရုံး၏ ထုတ်ပြန်ချက်တွင် ဖော်ပြထားသည်။

 

ဂျပန်အစိုးရသည် ရထားတွဲများ လွှဲပြောင်းပေးအပ်ခြင်းအပြင် ရန်ကုန်မြို့ပတ်ရထားလမ်း ပြုပြင်မွမ်းမံခြင်းနှင့် အဆင့်မြှင့်တင်ခြင်းလုပ်ငန်းများကို မြန်မာ့မီးရထားနှင့် ပူးပေါင်းဆောင်ရွက်လျက်ရှိသည်။

 

ရထားလမ်းကြောင်းပြုပြင်မွမ်းမံခြင်းကို ဂျပန် အကြံပေးကုမ္ပဏီတစ်ခုနှင့် မြန်မာ့မီးရထားတို့ ပူးပေါင်းဆောင်ရွက်နေပြီး လုပ်ငန်းအပြီးသတ်ခါနီးပြီဖြစ်ကြောင်း ထုတ်ပြန်ချက်တွင် ရေးသားထားသည်။

 

ヤンゴンの環状線のために日本政府の支援を得て購入した列車21台は5月11日にヤンゴンに着いたとミャンマーの日本大使館が発表しました。

その列車は最近まで日本で使用していたものをミャンマー鉄道が修繕後ヤンゴンの繁華街で使用すると発表しました。

ヤンゴンの環状線に向けて日本から新しい列車66台を購入する予定です。日本政府の支援を得て今年中にミャンマーの列車32台を入れ替える予定であり、2月に5台と5月に21台、全部で26台の列車がミャンマーに着きました。

2月に着いた5台をミャンマー鉄道が修繕し、塗装とテストが完了したらもうすぐ使用できるとミャンマーの日本大使館から発表しました。

 

日本政府は列車の入れ替えに加えてヤンゴンの環状線の修繕とアップグレードをミャンマー鉄道と協力しています。

鉄道の線路の改善を日本の鉄道会社は日本の顧問会社と協力しておりもうすぐ終了するとミャンマーの日本大使館から発表しました。

Wakana Diary_20200511

2020年5月11日 月曜日

ずっと家にいるせいで、屋根裏部屋にある荷物の整理をしろと言われました。

 

弟は自分が集めたドラゴンボール完全版全巻や、箱入りのフィギュア等あっさり捨てるか売るかしていいと言い出すので、

私がもったいなくて止めに入りましたが、両親は物を減らしたいのでやっぱり売られることになりました。

 

私は自分が集めた絵本、漫画、CD、フィギュア、人形全然手放すことができず、ただきれいに箱に詰め直す作業となりました。

特に子供の頃はまって収集していたオルゴールは愛着が湧いてしまいます。

今思うとオルゴール収集するなんて高尚な趣味の子供と思いましたが、

保存状態が全然だめで埃まみれだし音がならなかったりするしやっぱりだめな子供だったみたいです。

 

この家にはちゃんとした私の部屋がないので、保存場所は屋根裏部屋になってしまいます。

いつか大きい家に住んで趣味の部屋でも作ってそこに全部飾りたいと思います。

Wakana Diary_20200505

2020年5月5日 火曜日

5月に入りました。

日本は肌寒いと思ったら急に暑くなったりします。

ほとんどを暑いミャンマーで暮らしているので、もう少し肌寒い日本を感じていたい気持ちがありますがついに半袖を着る日も出てきました。

 

そしてミャンマーはもうすぐマンゴーのおいしい季節になります。

一年で1番過酷な気候のこの時期の癒しなのですが、今年はそのマンゴーを楽しむことができるのかまだわかりません。

今はマンゴーがたくさん並んでいる市場を思い出したりしています。

 

セインタロンという品種が1番有名で1番おいしいです。

やさしい甘みが特徴(のような気がする)で他の国では見たことがないです。

 

日本のマンゴーは高いのでミャンマーに戻るまで我慢です。

 

こっちに来てからよく食べていた旬のものは、イチゴとタケノコでしたが最近頻度が減ってきました。

最近はしまらっきょうをよく食べます。

Wakana Diary_20200428

2020年4月28日 火曜日

帰国して14日間の隔離期間も終わりましたが、あまり生活は変化していません。

 

いい気候な時期の日本にいるので外を走ろうと思い、晴れていたら毎日ジョギングに挑戦中です。

ヤンゴンではジョギングはできて週一でしたが今は時間もあるので結構続いています。

 

私の家の近くには大きな公園があり、そこまで30分〜1時間くらい走ります。

けっこう有名な公園でクロスカントリー大会の会場になっていたりします。

 

とにかく広くて自然がたくさんあるので季節の木や花を眺めながらのジョギングはなかなか気持ちがいいです。

さらに奥には湖もありますが、そこの白鳥に昔襲われたのでそこはあまり行かないです。

 

芝生や土の上を走る方が、コンクリートよりも足に負荷があって負担が少ないので魅力的です。

 

公園の広場では遊ぶ子供たちや、ジョギング、ウォーキング、サイクリングをする人をけっこう見かけます。

 

私はおばあちゃんの散歩のようなペースで走っていますが10キロ走れるようになることが目標です。

 

 

Wakana Diary_20200416

2020年4月16日 木曜日

4月上旬から日本に一時帰国しています。

 

空港には同じく帰国する日本人がたくさんいて検疫は1時間半並ぶ行列でした。

私が来るときには既に海外からの帰国者は公共交通機関の利用が制限されていたので両親が車で迎えに来てくれました。

 

海外からの帰国者は14日間自宅隔離なので家に引きこもって過ごしています。

個人的には一日中家にいることは苦にならずのんびりしています。

思えば家族とこんなに長いこと一緒にいるのはミャンマーに来て以来なので楽しんでいますが、そろそろ家族はうっとおしそうです。

 

私が家で役に立つことはほとんどないですが、ちょうど夏野菜の苗植える時期なので、両親と家庭菜園作りをしました。

 

家で毎年やっている、ゴーヤ、ナス、ピーマン、トマト、レタス、パセリ、バジル、唐辛子、ズッキーニの苗を植えました。

ネギ、大葉、春菊は毎年勝手に生えてきます。

雑草と間違えて抜いて捨ててしまいそうな微妙な場所から生えてきたりします。

 

私は大学で農作業もしていたので懐かしい作業でした。

肥料を混ぜて土づくりをして、苗を植えます。

大学には広大な農地があったので畝を作って植えていましたが、家では花壇や鉢植えに植えていきます。

 

この夏野菜たちが収穫できる頃には私はさすがにミャンマーに戻っているのではないかと思うので食べれないのは残念ですが、これから水をやるのは私の仕事です。




Copyright(C) MVC会計事務所. All Rights Reserved.