Wakana Dairy_20181125

2018年11月25日 日曜日

ヤンゴンにHAPPY ZONEという遊園地があります。

存在は知っていましたが、まだ行ったことがなかったので、友達と行って来ました。

 

入場する前に既に小さめのアトラクションやゲームコーナー、売店がありました。

不気味でちょっと変わった装飾でサイケデリックな雰囲気があり、昔伊豆にあった不思議な町一丁目というB級テーマパークを思い出しました。当時小学生だった私にはいろいろ刺激が強かった記憶があります。今は潰れてしまって怪しい少年少女博物館という名前の施設になっているようです。

 

入場する前にサイケデリックゾーンでお化け屋敷に入りました。2人乗りの乗り物で進むタイプのアトラクションです。

私たちは3人でしたので2対1にならないといけないのかと思い怯えていたら2台同時に出してくれそうな雰囲気で安心したのですが、出発の時になってまさかのやっぱり一台ずつの出発で私は人生初一人お化け屋敷を体験する羽目になりました。

お化け屋敷の中は蛍光塗料でいろいろ模様が描かれていたりおばけが落ちてきたりましたがコンセプトがいまいちわかいませんでした。

最後に係員のお兄さんにおどかされたのが一番驚きました。

 

HAPPY ZONEの入場料は一人300チャットとめちゃくちゃ安いです。

その代わりアトラクションに乗るのは別料金なので、終日遊びつくすと結構散財する感じになりそうです。

アトラクションは種類によって金額が変わりますが、一回2000~3000チャットでした。

 

メインぽいアトラクションは一回転するジェットコースターとフリスビーという人を乗せた円盤が動くものがあります。

どちらかというとフリスビーの方が怖かったです。

似たようなアトラクションを日本で乗ったことがありましたが、シートベルトや安全面に不安があるので遠心力がかかっているときに今外れたら死ぬなと想像してしまうのと、

シートベルトが普通の乗用車のシートベルトと同じようなものなので、外そうと思えば外せてしまうところが怖いです。

ちゃんと定期的に点検をしているのか心配でしたが、どのアトラクションも見た目は想像よりきれいでした。

土曜日でもとても空いていて全く並ばなかったのでたぶん2時間弱で全部回れると思います。

絶叫マシーン好きなので、絶叫マシーンが恋しくなったらまた行こうと思います。

Wakana Dairy_20181121

2018年11月21日 水曜日

ベトナム旅行の日記でもミャンマーの民族衣装のロンジーについて触れましたが、ミャンマーではみんな日常的にロンジーを履いています。

今ではジーパンやスカート等の洋服を身に着ける人も増えましたが、私が初めてミャンマーに来た2014年はほぼ100%の確率でロンジーでした。

きっとそのせいで別世界感が強くより心に残ったと思います。

その時が私の初海外でしたが、その後いろいろな国に行ってもミャンマーは特別感があります。

 

私は普段は洋服で過ごすことが多いですが、ロンジーも好きです。

まず無限にデザインや柄があるところが楽しいです。

下は一見着物に似ていますが、筒状になっているので意外と歩きやすい上にあぐらをかくことができてすごく楽なところもいいです。

 

ミャンマーの人たちは人によってロンジーばかりの人、洋服ばかりの人いろいろいますが、時と場合によって変えている人が多いみたいです。

いつもロンジーしか履いていない職場の子に聞いたら仕事はロンジー、出かける時は洋服にしていると言っていました。

ミャンマー人の友達にお祭りに行こうと誘われた時は、お祭りは仏教が関わっているはずなのできっとロンジーがいいのだろうと思い、上下ロンジーで友達の寮まで行ったら他の子たちはみんなショートパンツやTシャツとものすごくラフな格好をしていました。

ロンジーじゃ人ごみの中で動きづらいから着替えた方がいいと言われ、洋服を貸してもらいました。

そのとき白い無地のTシャツとベージュのショートパンツを用意してもらったのですが、一般的に地味なデザインが好きな日本人のためにシンプルなものを選んでくれたのかなと後で思いました。

お祭りは想像よりも日本のお祭りに近く、通行止めされた道に屋台や観覧車などがあり人がひしめき合っていてとても賑やかでした。

歩くのも大変なくらい混んでいますが、いろんなものが売っていて楽しかったです。

Wakana Dairy_20181120

2018年11月20日 火曜日

全然すごいことではないですが一つだけミャンマーで暮らし始めてから続けていることがあります。日焼け止めを塗ることです。

夏も雨期も乾期も恐らくあまり外を歩かないだろう日も毎日塗るようにしています。

家から出ない日は塗りません。

でもべたべたした液体を身体に付けることがとにかく嫌いなので、日本からジェルの日焼け止めをたくさん持ってきておきます。

ミャンマーでも日本の日焼け止めは売っていますが種類が少ない上に高いです。

毎日塗る気が起きるものでないとやめてしまうのでこれしか使えません。

スキンアクアやビオレの日焼け止めが好きです。

 

ちなみにべたべたするのでリップクリームもハンドクリームも全部嫌いでなるべく乾燥しないよう願っています。

毎日日焼け止めを塗っているせいか、家に引きこもるのが好きなせいか、もうすぐミャンマーに住んで一年になりますがあまり日に焼けていません。

前はまったく気にしていませんでしたが、南国に暮らすとなったら気になるようになりました。でも化粧はむしろミャンマーに来てからよりしなくなってしまいました。

日本では一度も差したことがありませんが、日傘もよく差します。

ミャンマーではおじさんも日傘を差しているのであまり抵抗なく差せます。

 

ミャンマー人は日焼け止めとしてタナカという木からできた液体を塗っています。

お化粧としての役割もあります。ほっぺたにいろんな形に塗っていて可愛いです。

主に女性と子供が塗っていますが、たまに若い男の子も塗っているのを見かけます。

とにかく体にいい成分がたくさんあると聞きますが、実際はよくわかりません。

タナカも塗るとすーっとして気持ちがいいです。でも時間が経つと乾いてぽろぽろ取れてくるのがかゆくてちょっと不快です。

タナカは他の国ではまだ見たことがありません、もしかしたらミャンマーだけの文化かもしれないです。

Wakana Dairy_20181031

2018年10月31日 水曜日

ボージョーマーケットの中に私がよくいくシャンヌードル屋さんがあります。

食堂の中の階段下の一角にある小さいお店です。

シャンヌードルは食堂内のどのお店でも食べれますが、ここのお店がヤンゴンで一番おいしいと思っています。

少しローカル感が強く汚く感じる人もいるかもしれないですが、味はとても良いです。

私の味覚は当てにならない部分もありますが、お昼時になると他の店はガラガラでもこのお店だけいつもお客がたくさんいるので間違いありません。でも単純に席が少ないということもあります。

他の店と違いまったく客引きしてこないという点も人気店の余裕を感じます。

 

私はパクチーがとても苦手なのでいつもパクチーを抜いてもらいます。

でもパクチーを抜いてもらうと何故か一緒にネギも抜かれてしまいます。刻んだネギが大好きなので、いつもパクチーは抜いてネギは抜かないで!と注文しています。

この間何回も来てるしもしかしたらもう私のこと覚えてるのではないかと思い、ついになにも言わずに注意してみたところ、

店員のおじさんが、パクチーは抜いてネギは入れたよと言って出してくれたので、とても感動してしまいました。

初めて店の常連さんになることができました。

覚えてもらうということは思った以上に嬉しいことなんだなと思いました。自分は何度会っても人の顔を全然覚えないので少し反省しました。

Wakana Dairy_20181027

2018年10月27日 土曜日

10月の下旬にダデンジュという雨季明けのお祭りがあります。

そこが連休になるので、友達とベトナム旅行に行ってきました。

ベトナムに行くのは初めてでしたが、とにかくホテルが安い、ご飯がおいしい、雑貨が可愛いといいところがたくさんありました。

ベトナム人の第一印象はバスの運転手がいくら確認してもてきとうな返事しかしてくれず目的地と違う場所に着いたので冷たいイメージを抱いてしまいましたが、

その後のホテルのお兄さんがとても親切だったので一気に印象アップでした。

 

一緒に行った友達がアオザイを作りたがっていたのですが期間が短かったため仕立ては断念し、生地だけ買うために生地屋さんに入りましたが3メートルで約12000円とめちゃくちゃ高価なものしかありませんでした。

他の店を探す時間がなかったのですが、その店が見た目は普通ですが実は高級店だったのか気になっています。

仕立て済みのものはもっと安く売っているのに不思議でした。

私もアオザイは仕立てるまではいかずともちょっと来てみたいなと思っていました。

でもベトナムでアオザイを日常的に着ている人はいないので。(他の国の民族衣装もだいたいそうだと思いますが)アオザイを作っても着たまま観光したり街を歩くのは少し勇気がいる気がします。

そう考えるとミャンマーは半数以上がロンジーなので自分もロンジーを着ても人目は気になりませんし、ミャンマーの景色や日常に溶け込むことができるというのはとてもすごいことだなと思いました。

他のどの国でもできないことかもしれないです。

民族衣装好きな人は全員ミャンマー好きになるのではないかと思いました。

Wakana Dairy_20181016

2018年10月16日 火曜日

私は旅行に行くことが好きです。

国内も国外も好きです。

一人旅行はあまり行きませんが、今後は機会が増えるかなと思います。

 

観光も好きですが、宿に泊まることも好きです。

きれいなホテル、安いゲストハウス関係なくいつもと違う場所で寝ることにわくわくします。

あまりにひどい宿だと長居はしたくないですが逆に興奮したりします。

 

外国の宿のアメニティでずっと気になっていることがあります。

日本ではどこの宿でもだいたいはシャンプー、リンス、ボディソープがありますが、外国ではリンスがついていないです。その代わりボディローションがついています。

リンスがないのは不便だし、ボディローションはどう使ったらいいのか全くわかりません。

もしかすると私以外の海外旅行経験者は実はみんな理由を知っているのでしょうか。

 

昔持参したリンスをなくしてしまい、アメニティのボディローションをリンスの代わりに髪に使ってみたことがありますが、髪の毛がバキバキになりました。

その時の私の中ではローションという響きがぬるぬるしていてリンスと似た効果を発揮してくれそうな気がしたのですが、頭悪いなあと思います。

 

インレー湖上のホテルに泊まった時は、アメニティが漆器のフクロウの容器に入っており可愛くていい匂いだったので使わずにお土産にしました。

ミャンマーではフクロウは縁起物なのでお店にもたくさんフクロウグッズがあって可愛いです。

Wakana Dairy_20180927

2018年9月27日 木曜日

雨季が終わって晴れた日が続くようになってきました。

雨と湿気がなくなり過ごしやすいですが、日差しがとても暑いです。

一年中夏なのに夏バテのような症状に少しなってしまいました。

 

冷たくてさっぱりしたものが食べたいですが、ミャンマーの食べ物で冷たいものが全く浮かびません。

この前は仕方ないのでいつも通りお昼にシャンヌードルを食べて事務所に戻る途中に同僚に会いました。道端の屋台でなにか注文していました。

屋台のおじさんが大きい氷を鉋で削っているので、かき氷が食べられるのだと思いました。

ちょうど数分前に日本の氷ががりがりしたかき氷が食べたいなと考えていたところでしたので私も買ってみることにしました。

でも出てきたかき氷は想像とはだいぶ違う、削った氷の上に甘いフルーツのソースを3種類くらいと、練乳、ナッツ、ゼリー、グミのようなものをこれでもかというくらいトッピングした感じのものでした。

イエケイトウと言うらしいです。イエケイは氷、トウは恐らくサラダみたいな意味です。

味は、冷たくてフルーツっぽいソースがメインなので、どちらかというと甘い物が苦手な私も多少はおいしく食べられましたが、半分くらい残しました。

1つ目のソースをかけたところでもうやめておいてほしかったです。

でもミャンマーのお菓子は基本もっともっと甘いので個人的には好きな方です。

 

このイエケトウが原因かどうかわかりませんが、この日の午後から具合が悪くなって熱が出て下痢になりました。

よく思い出してみるとミャンマーの氷は危ないと誰かに言われた気がします。

Wakana Dairy_20180917

2018年9月17日 月曜日

日本語スタッフのテインギーとおしゃべりしていたら、

よく言ってるその「さー」というのはなんですか?と聞かれました。

10秒前の発言がもう既に思い出せない私はさーなんて言ってないよ!と言い張ってしまいました。

そのあとそれでさー、あのさー、この店さー、と「さー」と言いまくってることに気が付いてこれかーとなりました。

この「さー」についてはテインギーにが納得のいく説明が未だにできていないです。

 

「さー」といえば、ミャンマー語は「食べる」も「塩」も「手紙」も「勉強」も「さー」なのでわかりにくいです。

 

ミャンマー語は日本人には同じ発音にしか聞こえないけど違う言葉がたくさんあります。

文字を覚えたら発音の違いも理解して使い分けられるようになると思っていましたが、今のところなっていません。

ちなみに「話す」も「楽しい」もピョーデーです。

昔ミャンマー人にお出かけにつれていってもらった時に、楽しいですか?という意味でピョーラー?と聞かれたのに、話しますか?だと勘違いして話すことはないなと思い、

楽しくないですと答えて傷つけたことがあります。

Wakana Diary_20180915

2018年9月15日 土曜日

もうすぐ雨季が終わります。

雨が降る回数もだいぶ少なくなり晴れ間も見れるようになってきました。

これから一年で一番過ごしやすい時期になるので楽しみです。

 

雨季の間は湿気とカビと常に少し臭い気がする洗濯物になかなか悩まされてしまいました。

学生の頃は毎年雨季にミャンマーに来ていましたが、住むのは全然違いました。

 

この間知り合いの方に、愛情のない物からカビが生えるよと言われました。

私の今回カビが生えた物は、ギターケース、リュック、サンダル、シャツ、枕カバー、化粧ポーチ、山羊肉です。

それなりに愛情があったと思うのですが不思議です。

 

日本にいた頃も好きな食べ物を大事にとって置いてよくカビが生えていました。

それでも食べたら友達に怒られましたがそれでお腹を壊したことはないです。

でも絶対に食べない方がいいと思います。

ミャンマーに来てからは好きなもの程早く食べるように心がけていますが、日本から買ってきた物、お土産で買ってきてもらった物などはやっぱり大事に少しづつ食べたくなります。

大事なくせに食べ終わらないうちに忘れるところも直したいです。

 

 

Wakana Diary_20180809

2018年8月9日 木曜日

ミャンマーにはいたるところに噛み煙草屋さんがあります。

 

噛み煙草とは、葉っぱに石灰のようなスーっとする白い液体とスパイスを乗せてくるんだような物です。普通のタバコとは全然ちがいます。

ミャンマーではキンマと呼ばれています。

 

それを噛んでいるとだんだん赤い液体が出てくるので唾と一緒に吐き出します。それを繰り返す感じです。

 

私も昔はミャンマーを訪れる度キンマを試していましたが、口の中がぐちゃぐちゃになって不快なだけで良さは結局わからないままでした。

若い女性がキンマを嗜むことはほとんどないので、たまにお店の人に無料で試させてくれました。

昔は興味深々だった私もヤンゴンに住むようになってからは一度もやっていません。

 

慣れて特別感がなくなってくるとシンプルに汚いです。

ミャンマーの伝統的な文化なんだろうと思ってもだんだん気になってしまいます。

 

キンマを常習している人は口が真っ赤で歯がボロボロになってしまいますし、

毎回町を歩く時はおっさんの吐いた唾を踏まないように気を付けなればなりません。

これのせいでミャンマーの道は赤いシミでいっぱいです。

なかなかしんどいですね。




Copyright(C) MVC会計事務所. All Rights Reserved.